株式会社アウル 株式会社アウル

施設入居後の自宅売却

親が老人ホームに入所し、
空き家になった家を
どうするのか。

「また戻ってくるかもしれないので売らない方が良いかも」
「売却して入居時の費用に充てたい」
「年金だけでは賄えないので入居後の資金にしたい」
「空き家のままだと固定資産税や維持管理費がかかるので処分した方が良いのか」

など、各ご家庭の諸事情によって考え方は様々だと思います。
しかしながら「まだ家を売りたくない」という親の意向があれば、無理に売却は進められません。
ただ、「老人ホームに入る」ということがネックになり、税制の特例※が使えなくなったり、親の認知症が発症すれば、さらに売りづらくなってしまうことを家族で共有し、家をどうするのかについてよく話し合って決めるべきです。
親が老人ホームに入るため、家をどうしたらよいのか迷っている、まずは家族で話し合うためにも家を売却したらいくらぐらいになるのか知っておきたいという方はまずは弊社にご相談ください。今ならいくらぐらいで売れるのか無料で査定をさせていただき、ご家族の状況をお伺いし、どのようにすべきかアドバイスをさせていただきます。又、売却にともなう家財の処分等についてもご相談下さい。

※税制の特例について

一般的にお家を購入したときの金額よりも、高く売却でき、利益が出た場合は、譲渡所得税 (じょうとしょとくぜい)という税金がかかります。

<売った金額>-<買った金額>
= 譲渡所得

マイホームの場合は、売却するときに「利益が3000万円以内なら税金はかからない」という「3000万円特別控除」という特例があり、実際多くの方はこれにより税金がかかりません。
ただし、この特例を受けるためには「住まなくなってから3年目の12月31日までに売却する」という要件を満たす必要があります。
親が老人ホームに入所後「売ろうか、どうしようか」と考えているうちに3年が過ぎると、特例対象外になるため要注意です。少なくとも、現時点で売却利益が出るかどうか、売却金額を調べておくべきでしょう。
売却して損失が出た場合は、譲渡所得税はかかりません。

マイホームの場合は、売却するときに「利益が3000万円以内なら税金はかからない」という「3000万円特別控除」という特例があり、実際多くの方はこれにより税金がかかりません。

施設入居後の自宅売却についてのお問い合わせ

必須お問い合わせ種別
必須お名前
必須住所

※市区町村群番地・建物名も一緒にご入力ください

必須電話番号

ご連絡の取れる電話番号

必須メールアドレス

※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpなどの携帯キャリアのアドレスでは、パソコンからのメールを迷惑メールと認識される場合があります。「owl.email」からの受信許可の設定をしてください。

必須建物種別
査定見積希望日
その他お問合せ

株式会社アウル 株式会社アウル

お電話でのご連絡もお気軽にどうぞ

072-894-7171
お問い合わせ
施設掲載をご希望の方はこちら

本社事務所

〒577-0804 
大阪府東大阪市中小阪5-11-23 Googleマップ>
受付:8:30~17:30 定休日:土・日曜日・祝日

枚方事務所

〒573-1187 
大阪府枚方市磯島元町4-8-3F Googleマップ>
受付:8:30~17:30 定休日:土・日曜日・祝日

株式会社アウル